光回線が普及して思うこと

光回線が普及した結果、つくづく思うことがあります。
NTTの固定電話の番号は、地域によって番号が決まっています。
例えば03-3296-××××という番号を聞くと、千代田区神田駿河台だなと番号を聞いただけで地域を連想することが出来ます。
ところが光回線の普及の故と聞いたことがありますが、最近のNTTの固定電話の番号の割り振り方は、この地域にはこの番号という原則が崩れています。
ある方の電話番号を聞いて、「ああ、この方はこの辺りにお住まいなのだな」と以前は簡単に想像出来たのですが、住所を聞いて全く違う地域だったということが最近よくあります。
首都圏に人口が集中しているので、電話番号が足りなくなっているという事情もあるのかも知れません。
私の母とは離れて暮らしていますが、母の家の電話番号もその例に漏れず今までのNTTの電話番号の割り振り方とは全く違い、電話番号を聞くととてもその場所に住んでいるとは想像出来ません。
母も「どうしてこの場所に住んでいるのにこの電話番号なのだろう?」と不思議がっていました。